[SkyDrive] 新しい SkyDrive の紹介

 

*本記事は、Inside Windows Live Blog の記事の抄訳です。

本日、新しい Windows Live SkyDrive をリリースしました。今日から、すべてのユーザー様が新しい SkyDrive をご利用いただけます。

新しい SkyDrive は、今までより更に速く、操作しやすく、そして写真の表示が美しくなめらかになりました。まずはデモをご覧ください (英語)。

SkyDrive for the modern web (英語)

より速く。

昨今の Web の進化に対応することによって、以下のようにパフォーマンスが向上しました。

  • 従来、場合によっては 6 ~ 9 秒かかることもあった基本操作の数々を、100 ~ 300 ミリセカンド(1 ミリセカンド= 1000 分の 1 秒)までに短縮しました。SkyDrive の中を移動したり、フォルダーを開いたり、フォトアルバムの閲覧時に体感いただけます。今後、更に多くの基本操作のパフォーマンスを改善していきます。
  • HTML5 Video、CSS3、クライアント側でのレンダリングといった先進技術を使うために、HTML5 をベースに Web サイトを構築しました。また、特別なプラグインやソフトウェアを利用しなくても、すべてのブラウザーにおいてきれいなスライドショーが可能になりました。
  • 動作が遅くなる要因や機能、操作を取り除きました。
  • Windows と Internet Explorer 9 のグラフィック機能を有効活用し、IE9 の機能のひとつ『ピン留め』ですぐに SkyDrive が利用できるようになりました。

よりわかりやすく。

SkyDrive に保存しているファイルを 1 か所に統合し、Windows Live グループの SkyDriveや他の人から共有されているファイルも一覧で見やすくしました。

これまで、(skydrive.live.com や office.live.com、photos.live.com など)複数の入口があることによって「わかりづらい」 「自分のファイルと他の人のファイルの区別がつかない」など、皆様から多くのフィードバックをいただいていた点を改善し、写真やドキュメントなど、ユーザーの皆様がスカイドライブに保存したすべてのファイルと、他のユーザーから共有されているファイルを一覧できるようになりました。

これは、自分のファイルを前面、かつ中心に表示させる、という新しい SkyDrive の方針に基づいた設計です。 新しい SkyDrive では、以下のように、ドキュメントや写真をシンプルに表示します。

新しい SkyDrive では、以下のように、ドキュメントや写真をシンプルに表示します。 

ユーザーの皆様が使い慣れた Windows のナビゲーションやレイアウトと一貫性があり、また、ページいっぱいにファイルが表示されるため、これまでの Windows 上でのファイル操作と同じように、作業しやすくなりました。

これまであった「最近のドキュメント」は、[クイック ビュー] の [最近のドキュメント]、またはヘッダーの [SkyDrive]、[最近のドキュメント] の順にクリックするとアクセスできます。また、「更新情報」は、http://live.com/ の [写真] や [ドキュメント] から確認できます。

Internet Explorer 9 をご利用のお客様は、Windows のタスクバーに SkyDrive をピン留めし、ジャンプ リストを使ってより早く SkyDrive にアクセスしたり、Microsoft Office のドキュメントを作ったりすることが可能になりました。

Internet Explorer 9 をご利用のお客様は、Windows のタスクバーに SkyDrive をピン留めし、ジャンプ リストを使ってより早く SkyDrive にアクセスしたり、Microsoft Office のドキュメントを作ったりすることが可能になりました。

このほか、フォト アルバムの新規作成や、ファイルのアップロード、ファイル名の変更や共有、アクセス許可の編集などの操作においても、近く、大幅な改善をする予定です。

写真をより美しくスムースに。

最後に、新しい SkyDrive では、写真の表示がよりなめらかで美しくになりました。

最後に、新しい SkyDrive では、写真の表示がよりなめらかで美しくになりました。 

フォト アルバムを選択すると、元の写真の縦横比で写真が表示されます。パノラマ写真もきれいに表示されます。これまでのように、一部が削られることはありません。

フォト アルバムを選択すると、元の写真の縦横比で写真が表示されます。パノラマ写真もきれいに表示されます。これまでのように、一部が削られることはありません。

写真のロードの仕方も工夫しました。ページをスクロールすると、自動的にその分だけリアルタイムで表示されていきます。

また、フォト アルバムの表示中にウィンドウを拡大、縮小すると、写真もあわせて動きます。これは、CSS3 のトランジションに対応することによって可能になりました。

写真を 1 枚クリックすると、新しいフォト アルバムが体験できます。

写真を 1 枚クリックすると、新しいフォト アルバムが体験できます。
新しいアルバム ビューワーは HTML5 を利用しており、様々なブラウザーに対応しています。
Internet Explorer 9 のようにグラフィックアクセラレーターに対応したブラウザーを利用していると、写真の表示がとても速く綺麗になりました。更に、新しい SkyDrive では HTML5 Video にも対応し、H.264 動画 (1 ファイルあたりの容量制限が 50 MB だったのが、100 MB に引き上げられました) の再生も可能になりました。

更に、新しい SkyDrive ではHTML5 Video にも対応し、H.264 動画 (100MB まで) の再生も可能になりました。

これらの機能は、SkyDrive グループでも同様にご利用いただけます (これまでの Windows Live グループ内の SkyDrive)。SkyDrive 内から直接、グループのメーリング リストにアクセスできるようになりました。

これにより、たとえば家族同士や仲間内で、写真やドキュメントをより簡単に共有できるようになります。

これにより、たとえば家族同士や仲間内で、写真やドキュメントをより簡単に共有できるようになります。 

SkyDrive では、これらの機能強化に加え、更なる強化を今後、段階的に行っていきますので、楽しみにしていてください。

Omar Shahine
Group Program Manager, SkyDrive.com

 

関連リンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。