[Hotmail] 業界最高水準の Hotmail の迷惑メール対策

  ※本ブログは Inside Windows Live Blog の抄訳です。

Hotmail はユーザーを迷惑メールから保護するために長年取り組んできました。現在、受信トレイから迷惑メールを遮断することに関し、Hotmail は業界最高水準と言えます。社内指標や、お客様からのフィードバックをはじめ、第三者の最近のレポートにおいても Hotmail は、最高の迷惑メール対策を実現していると認識しています。
本件に関する詳細は、ニューヨーク タイムズの Gadgetwise のコラムでご確認いただくことができます。

数年にわたる Hotmail の SmartScreen テクノロジの改善により、受信トレイ内に届く迷惑メールの比率 (SITI) は記録的に低くなり、ユーザー様ご自身も以前との違いが分かるようにまでなりました。私たちは、Hotmail の受信トレイの迷惑メール比率 (SITI) を 3% 未満に抑え、さらに重要なこととして、その比率を継続して低く抑えてきました。

計測基準を超えたところで

計測基準によると、これまでに行った取り組みはうまくいっており、進捗しているといえます。しかし、ここでちょっと、計測基準を超えたところでの取り組みを見てみたいと思います。受信トレイをきれいに保つには 3 つのポイントがあり、Hotmail ではこれらに対してもうまく取り組んでいます。

  • 受信トレイにおける迷惑メールの比率 (SITI) をできるだけ低く抑える
    Hotmail は前回のアップデートよりも迷惑メールの比率 (SITI) をさらに 25% 低く抑えることに成功しました。この素晴らしい成果の達成以降も改善を継続しています。

  • グレーなメールや溢れたメールを減らし、受信トレイをきれいにする
    Hotmail は自動的にニュースレターのメールを識別します。また、目的のメールだけに絞って表示できるワンクリック フィルター機能をはじめ、受信トレイをすばやく処理できるパワフルな機能を提供しています。
  • 迷惑メール フォルダー内で明白な迷惑メールを減らす
    受信トレイから迷惑メールを遮断することは確かに重要ですが、それでも、迷惑メール フォルダーを時折確認し、重要なメールが紛れ込んでいないか確認されることがあるかと思います。Hotmail は受信トレイから迷惑メールを遮断するだけでなく、明白な迷惑メールの場合、迷惑メール フォルダーからも遮断します。実際、最近の取り組みにより、ユーザー様の迷惑メール フォルダーの中身を以前よりも 50% 以上 (1 日約 5 億通以上に相当する迷惑メール) 減らすことに成功しました。

違いがわかる

良い計測基準以上に、ユーザー様の Hotmail のご利用体験に耳を傾けることが非常に重要だと私たちは考えています。ユーザー様からのフィードバックをいただく方法はいくつかあります。

  • お客様サポート:
    フィッシング、ジャンク メール、マルウエアを含む迷惑メールに対する苦情はこの 1 年で 40% 以上減っています。
  • お客様からの直接のフィードバック
    Hotmail には、私たちが “Voice of the customer” もしくは “VOTC” と呼んでいる “ご意見ご感想” のリンク (フッターの右下) があります。ユーザー様からの “ご意見ご感想” のデータは非常に重要かつ貴重なフィードバックであり、何がうまくいっていて、何がうまくいっていないかに関するユーザー様からの一言一句のコメントです。私たちは、これらのフィードバックを重くうけとめており、開発チームのメンバーは毎日フィードバックに目を通し、それらを分類し、特定のパターンやトレンドを見つけ製品の改善につなげることに時間をかけています。迷惑メールに関する苦情の総数は、この 2 年間で 50% 以上減りました。フィードバックの総数が絶えず増えている中、この事実は素晴らしい成果だと考えています。

    迷惑メールの管理に関する領域においては、目覚ましい進展を遂げてきました。例えば、差出人セーフ リストと受信拒否リストの管理に関する苦情はほぼゼロ件にまで減りました。 “どうしてこのメールがここに入っているのでしょうか? ” というような質問も同様にほぼゼロ件にまで減りました。繰り返される迷惑メールに関する苦情も半減し、苦情件数の 35% を占めていたものが、17% にまで減っています。

    これらの結果はうれしいことではありますが、例えば、フィッシング攻撃に関するフィードバックなど、引き続き改善が必要な領域があることもわかっています。

  • 製品内のテレメトリー
    パーソナライズされた迷惑メールフィルターの強化によって、Hotmail を定期的に利用しているユーザー様 (例えば、メインのメールとして利用している) ほど、受信トレイ内における迷惑メールの占める比率 (SITI) が平均値よりも低いということがわかっています。つまり、Hotmail を使えば使うほど、より快適にお使いいただけるということです。

独立研究機関が認めた: Hotmail に勝るものはなし

迷惑メールの問題を把握するために、テレメトリーとその設備に投資をするのと同じくらい、時には、第三者の観点からの評価を受けることも必要です。Cascade Insights 社は、最近、主要な Web メール サービスが受信する迷惑メールに対し、どのように機能するのかに関して総合的な調査を行いました。アナリストが各 Web メール サービスの迷惑メール対策の結果についてどのように分析しているかが知りたかったので、私たちは、そのプライベート レポートと方法論を入手して配布する権利を買い取りました。

一言でいえば、Hotmail の迷惑メール対策はどのサービスよりも勝っていました。もっとはっきり言えば、Hotmail と Gmail の迷惑メールの処理は完全に互角でした。両者は他の Web メールのプロバイダーよりもずっと優れた結果を出していました。

Cascade Insights 社によって定義された方法論は、各 Web メールのプロバイダーにわたってわかりやすく首尾一貫したものでした。ただし、この調査は特定の手法を使った 1 つの調査結果であり、それぞれの結果は、お客様の環境で異なるという点は言及する必要があります。とはいえ、私たちはユーザーの皆様が、Hotmail をメインのメールとしてご利用いただければ、業界内で最高の、他社に負けない迷惑メール対策を実感いただける自信がございます。

是非、Hotmail をお試しください

既に Hotmail をご利用いただいているのであれば、皆様からのフィードバックをいただきたく、Hotmail のご意見ご感想のリンク (Hotmail のフッターの右側) から皆様の迷惑メールに関する体験をお聞かせください。

しばらくの間 Hotmail をお試しでない方は、是非一度お試しください。Hotmail アカウントをお持ちの方で、しばらくご利用いただいていない方は、受信トレイが不要なメールで溢れているかもしれません。いくつかは古い迷惑メールであり、いくつかはグレーなメールかもしれません。 (グレーなメールとは: 合法的なメールであるものの、今となっては不要なニュースレターや、もはや興味のない日常取引のメールなどをグレーなメールと呼んでいます。) その場合、一括処理機能を使った受信トレイのクリーンアップをお勧めします。しばらくの間、Hotmail をメインのメールとしてご利用いただくことで、改善された Hotmail の利点、特に、パーソナライゼーションにおける改善に関してご理解いただけるかと思います。再び Hotmail のご利用を開始いただければ、継続的に迷惑メールが非常に少ないことにお気づきいただけるはずです。

私たちはお客様の受信トレイから迷惑メールを遮断し続けるために熱心に取り組んでおり、お客様がその結果にご満足いただけることを願っております。

最後に、日頃、Hotmail をご利用いただいていることに感謝申し上げます。

Dick Craddock
Group Program Manager, Hotmail

関連情報

,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。