[Hotmail] グレーなメールに対する機能強化から 90 日。すでに 1 億回以上、一括処理機能、自動クリーンアップのスケジュール設定、ニュースレター フィルターが使われています。

※本記事は Inside Windows Live Blog の抄訳です。

昨年秋の Hotmail のグレーなメールに対する機能強化の発表以降、既に 1 億回以上、一括処理機能、自動クリーンアップのスケジュール設定など強化された機能が使われています。本ブログでは、Hotmail の一括処理機能、自動クリーンアップのスケジュール設定、そしてニュースレター フィルターを使ってユーザー様がどのようにご自身のメールを制御しているのかをご紹介したいと思います。また、合わせて、これらの機能を使い、わずか 60 秒間で、皆様の受信トレイを整理する方法に関してもご紹介したいと思います。

グレーなメールに対応するベスト ツール

グレーなメール、例えば、メール マガジン、日常的なバーゲンやお得情報のようなメールやお知らせのメールなどのメールで世界中の人々の受信トレイは溢れかえっています。一般的にメールマガジンだけで、受信トレイの 50% 以上を占めています。グレーなメールを処理するためには時間を要しますし面倒な作業になります。Hotmail はユーザーの皆様がグレーなメールを制御し、本来の受信トレイの姿を取り戻すために、革新的な機能を継続的に追加しています。

Hotmail のニュースレターのカテゴリは自動的にほとんどのメールマガジンを識別し、ワンクリックするだけでメール マガジンだけをまとめて見ることができます。受信登録の取り消しをワンクリックすれば、もはや不要となったメール マガジンを受信トレイから即座に一掃します。

クリーンアップのスケジュール設定は、自動的に複数のメールをバルク処理できる強力な新機能です。

クリーンアップのスケジュール設定では以下の設定が可能です。

  • 特定の差出人からのメールは、最新のメールだけを残す (クリーンアップのスケジュール設定の中で、圧倒的に利用されている設定になります。)

  • 受信から一定期間を経過したメールを削除する (3 日、10 日、30 日、60 日から選択)

  • 受信から一定期間を経過したメールを指定したフォルダーに移動する (3 日、10 日、30 日、60 日から選択)

クリーンアップのスケジュール設定は、既に受信済みのメールだけに機能するものではなく、今後新たに受信する新着メールに対しても同様に機能します。クリーンアップのスケジュール設定は、受信トレイをきれいに保つための有効な手段の一つになります。

一括処理機能を使うと、不要となったグレーなメールをすばやく簡単にまとめて移動や削除を行うことができます。また一括処理した内容を自動的に仕分けルールとして設定することができ、新着メールに適用することができます。

カテゴリ機能を使うと、思い通りにメールを管理することができます。Hotmail はメール マガジン、ソーシャルネットワークのアップデート、写真付きのメール、Office ドキュメント付きのメール、商品の発送メールなどを自動的に識別しカテゴリを分類します。また、新たなカテゴリを新規に作成することもでき、新規に作成されたカテゴリは、受信トレイの左ナビゲーションにあるクイック分類にも表示されます。

もちろん、これらの機能はお互いに連携します。カテゴリはクリーンアップのスケジュール設定と組み合わせ、より強力なツールとしてご利用いただくことができます。例えば、すべての古いメールマガジンを自動削除するためのクリーンアップのスケジュール設定を行ったり、ニュースレターのカテゴリに分類されたメールだけに対してクリーンアップのスケジュール設定を行うことができます。

一億回 新機能が使われています

新機能の提供が完了してからちょうど 2 か月が経ちましたが、既に何百万人ものユーザーの皆様がご自身の受信トレイをすばやく制御するために新機能をご利用されています。

2011 年の 11 月以降、グレーなメールに対する対応のために、1 億回以上、一括処理機能、カテゴリ機能、そして自動クリーンアップのスケジュール設定の機能が使われています。

  • 不要なメールを受信トレイから取り除くために一括処理を利用している場合:
    一括処理機能が使われた 90% で “選択した差出人に対してすべて削除” が選択されています。

  • 一括処理機能で自動仕分けルールを設定する場合:
    一括処理機能で特定の差出人のメールを特定のフォルダーに一括移動する場合、その 60% で 自動仕分けルールとして登録されています。つまり一括処理機能は、ユーザーの皆様が受信トレイにサインインしていない時も機能し、新着メールに対して自動処理を行っているのです。
  • メール マガジンや日常的なバーゲンやお得情報のようなメールは、最新のメールだけを残すようにクリーンアップのスケジュール設定を利用される場合:
    65% のクリーンアップのスケジュール設定において、 “特定の差出人からのメールは、最新のメールだけを残す” という設定が利用されています。

さらに、これらの強力なツールの利用は増えてきています。毎月、グレーなメールを排除するために、より多くのユーザー様が一括処理機能や自動クリーンアップのスケジュール設定の機能をご利用されています。
実際に、昨年 10 月に新機能の提供を開始して以来、これらの機能の利用は月次で 2 桁の割合で増加しています。

60 秒で本来あるべき受信トレイの姿を取り戻す

うれしいことに、これらの機能はすばやく簡単にご利用いただくことができます。以下のビデオでは、わずか 60 秒間で、どのように本来あるべき受信トレイの姿に取り戻すことができるのかを紹介しています。

 

グレーなメールに対応するために、ますます多くのユーザー様が Hotmail の革新的な機能をご利用されています。皆様が是非この機能をお試しいただくことを期待しております。皆様の一括処理機能、自動クリーンアップのスケジュール設定、カテゴリ機能などに関するご感想やご意見を是非おきかせください。

日頃、皆様の Hotmail のご利用に対して感謝申し上げます。

Dick Craddock,  Group Program Manager, Hotmail

関連情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。