大きなファイルを送るには SkyDrive が便利です

まだファイル便?大きなファイルを送るには SkyDrive が便利です
大きなファイルの送信に、皆さんは何を使われていますか?

メールに添付して送る、USB メモリを使う、ファイル便の Web サービスを使うなど様々な手段があると思います。
メールにファイルを添付する場合には、添付したファイルサイズが大きすぎてエラーが戻ってくることもありますし、USB メモリは相手にメディアを渡す手間があるかと思います。Web サービスのファイル便も便利なのですが、共有しているファイルの更新が頻繁な場合、都度更新したファイルをサービスを利用して共有するのも手間ですし、ファイルのバージョン管理も難しいかと思います。

そこで提案したいのが、SkyDrive を使ったファイルの共有です。

SkyDrive でファイルを共有するメリット

  • 無料で 7 GB の大容量オンラインストレージ (有料オプションで最大 100GB のストレージ容量の追加が可能です。)
  • PC、Mac、iPad、スマートフォンからの利用が可能
  • PC、Macのブラウザー上で SkyDrive をご利用の場合、1 ファイル 300MB まで保存、共有できます。また、デスクトップアプリを使うと 1ファイル 2GB まで SkyDrive に保存できます (スマートフォンからの保存は 100 MB まで)
  • 選べる共有方法
    メールで共有
    Facebook、twitter に投稿
    リンクを発行してメールに貼り付ける (短縮 URLもサポートしています)
  • 設定したアクセス権は、リアルタイムでいつでも変更可能
  • 過去 25 バージョンまでファイルの履歴を保持。
    SkyDrive に保存し、その後 SkyDrive 上で、もしくは Microsoft Office でSkyDrive のファイルを直接開いて編集されたWord、Excel、PowerPoint のファイルは過去 25 バージョンまでさかのぼって過去のバージョンに戻すことが可能です。

このように SkyDrive はデバイスを問わず、いつでもどこからでもご利用いただくことが可能です。サイズの大きなファイルを共有を行う際には、SkyDrive を是非お試しください。

大容量ストレージ SkyDrive を今すぐ使ってみる

関連リンク:

Windows, Mac デスクトップ用 SkyDrive アプリダウンロード(無料)
スマートフォン用 SkyDrive アプリ
   Windows Phone 用 SkyDrive アプリ ダウンロード (無料)
   iPhone 用 SkyDrive アプリ ダウンロード (無料)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。