「トピックス」カテゴリーの投稿アーカイブ

· [Hotmail] Hotmail が 15 周年をむかえました

*本記事は、Inside Windows Live Blog の記事の抄訳です。

2011 年 7 月 4 日に、Hotmail は 15 回目の誕生日をむかえました (米国でのサービス開始から)。この大きな節目で、特にこの 1 年間の出来事を紹介したいと思います。この 15 年間はとても忙しいものでしたが、特にこの1年間は忙しく、2011 年に入って既に 7 回の新機能のリリースを完了しました。そして本日、8回目の新規能のリリースが始まりました。

1 年間を振り返って

ちょうど 1 年前、数々の有力な新機能を導入し、大きく改良した Hotmail を皆さんに紹介しました。たとえば、

  • クイック分類、フィルター、スレッド表示一括処理機能によって受信トレイがよりすっきりし、メールのチェックが早くできるようになりました。これらの機能はこれまでに数百万回以上利用されています。(これら機能の日本語の解説サイトはこちら)
  • アクティブ ビューフォト メール機能を通じ、一緒に送られてくる写真や動画の情報をメールの前面や中央に際立たせて見せることができるようになりました。フォト メール機能によって送られた写真の量は、5 億枚以上*にのぼります。(これら機能の日本語の解説サイトはこちら)
  • クイック分類で Office ファイルが添付されているメールを抽出できるようになったほか、Word、Excel、PowerPoint と OneNote を含む Office Web Apps を実装しました。Hotmail 上の Office Web Apps は毎月、4 千万人以上のお客様にご利用いただいています。(日本語で詳しく)
  • SmartScreen テクノロジーによって、業界でも最高レベルの迷惑メール対策が可能になっています。Hotmail は 迷惑メールの 98% 以上を排除します。つまり、毎日、55 億件の迷惑メールをブロックしている計算になります。(日本語で詳しく)

さらに、昨年の秋には数々のアップデートを行いました。

2011 年~これまで

よりタイムリーに機能強化をしてほしいというお客様からの声をもとに、今年に入ってから既に、6か月間で 7 度の新機能のリリースを完了しました。

今後の機能強化をお楽しみに

ここで一休みといきたいところですが、実はこれからもっとたくさんのリリースが控えています。

Hotmail の誕生日ということで、2 つの新しいカレンダー機能を紹介しましょう。まず、Outlook でおなじみのカレンダーのミニバージョンを、Hotmail の左ペインに追加し、これから何があるのか、また、それぞれの日の予定に直接、ジャンプできるようにしました。

Hotmail の誕生日ということで、2 つの新しいカレンダー機能を紹介しましょう。まず、Outlook でおなじみのカレンダーのミニバージョンを、Hotmail の左ペインに追加し、これから何があるのか、また、それぞれの日の予定に直接、ジャンプできるようにしました。

現在、フィードバックをいただくのを目的として、一部のお客様にテストでご体験いただいています。近日中に、皆様全員にご利用いただけるようになると考えています。

また、ある時期に受信したメールを検索しているときは、メール一覧の右下にある [移動] をクリックするとミニカレンダーが表示され、特定の日に受信したメールのみを表示させることができます。(同様に、「差出人」でメールを並べ替えしている場合は、特定の人から届いたメールのみを表示させるコントロールが出てきます。)

また、ある時期に受信したメールを検索しているときは、メール一覧の右下にある [移動] をクリックするとミニカレンダーが表示され、特定の日に受信したメールのみを表示させることができます。(

ぜひ新規能をお試しいただき、皆様のご意見をお寄せください。

これまでの 15 年間、Hotmailが皆様にご愛用いただけていること、そして私たちの取り組みが皆様の期待に応えられていることを信じています。

私たちの取り組みはまだ始まったばかりであり、今後もたくさんのアップデートを予定していますので、よろしくお願いいたします。

Dick Craddock
Group Program Manager, Hotmail

, , ,

1件のコメント

[書籍の紹介] SkyDrive や Hotmail の詳しい使い方が日経 PC ビギナーズ 8 月号で紹介されました

現在販売されている「日経 PC ビギナーズ」8 月号の特集 1 で、SkyDrive や Hotmail の詳しい使い方が紹介されています。Windows Live で Windows 7 パソコンをパワーアップといった切り口で、じっくり解説していただいています。
ぜひ、ご確認ください。普段ご利用の書店や、日経 BP 社さんの Web サイト経由でもご購入いただけます。

【日経 PC ビギナーズ8 月号の表紙

表紙

, ,

コメントする

アンケートご協力のお願い (9/6 まで)

(9/15 更新、アンケートへのご協力、誠にありがとうございました。今後のサービス改善に役立たせていただきます)

こんにちは!

今日は 1 点、ご協力のお願いです。
今後、Windows Live がより良いサービスを提供するために、現在、調査を行っています。

>>オンライン & ソーシャルネットワーキングにおける習慣の調査
http://www.surveymonkey.com/s/windowsliveJapanese
*マイクロソフトから調査会社に委託しております。

5 分ほどで完了するアンケートです。
ぜひ、ご協力くださいますと幸いです。

Windows Live スタッフ

コメントする

Japan Blog Award に参加しよう!

Japan Blog Award ってご存知ですか?

このアワードは設立されてまだ日が浅いのですが、有名人が受賞者に名前を連ねるものとは違い、日本におけるブログ文化を盛り上げたいという志をもった有志によって設立されたアワードで、マイクロソフトも Windows Live スペースでオフィシャル ブログ プロバイダーとして参加しています。

スペースでブログを書いている「我こそは」という志をもったブロガーの皆さん、ぜひ応募してみてください!
まだ審査員や選考ステップといった詳細が発表されていませんが、一部エントリーは始まっています。

応募はこちらから、Windows Live スペースでブログを書いている人は13日(金)から応募受付開始です。
http://www.japanblogaward.com/entry/index.html

1件のコメント

もう読んだ?Windows Live Newsletter

Windows Live のサービスのリニューアルを記念して、今月からWindows Live ユーザーにお届けするNewsletterもリニューアルしました!

昨日あたり皆さんの受信トレイに届いているはずなのですが、もうご覧いただけたでしょうか?

リニューアルの目玉は何といっても私たち Windows Live チームメンバーがリレー形式でお届けする「教えて!Windows Live バトン」のコーナー。
毎月ひとりずつプロダクトマネージャーが担当するサービスの魅力や開発裏話、そしてちょっと便利な裏ワザなどをお伝えしていきます。

バトン第1号は SkyDrive 担当の安藤が担当しています。25 GB  という、他のサービスにない大容量が無料で使えるということで、大きなプロモーションなどは特にしていないにも関わらずぐんぐんユーザー数を伸ばしているSkyDrive。
注目サービスの担当者直伝のおすすめ活用法から、はたまた愛用の癒しグッズまで(笑)大公開中です。

その他にも、今一押しのキャンペーン情報や、Windows Live の基本的な使い方を紹介したり、毎月一つずつサービスをピックアップしてご紹介したり、内容盛りだくさんでお届けしています。
毎月月末近くに配信していく予定ですので、これからも楽しみにチェックしてみてください!

 

 

<Newsletterが届いていないよ!という方へ>
Windows Live Newsletterは配信を希望する方にお届けしています。
Windows Live Newsletter を含む Windows Live や MSN に関するお知らせを受信したいという方は、以下の手順で設定してください。

Windows Live のホームにアクセスして、右上に表示されている自分の名前をクリックします。
プルダウンメニューが表示されるので「アカウントの表示」を選択してください。
場合によっては、サインインしている場合でも、再度サインインが必要なことがあります。

アカウント情報のページが開きます。
ページの下の方に「お知らせメールの受信設定」というリンクがあるので、クリックします。

お知らせメールの受信設定のページが開いたら、「Windows Live 製品または MSN 製品に関する情報をメールで受け取らない」という項目にチェックが入っていないことを確認しましょう。チェックが入っている場合は、チェックを外してください
チェックが入っているとメールが受信できません。

チェックが外れているのを確認したら、[保存]ボタンをクリックして設定を保存します。

(Windows Live メルマガ担当Y)

コメントする

オバマ大統領の就任式を3Dでグリグリ見よう

マイクロソフトには、世界 5 ヶ国 6 拠点で最新のテクノロジを研究しているマイクロソフト リサーチという研究所があります。ここでは世界トップクラスのコンピュータ科学者、社会学者、心理学者、数学者、物理学者、エンジニア等800名以上の研究者が、55以上の研究領域で最先端の研究を行っています。

そんなマイクロソフト リサーチから発表されている最新の画像処理技術が「Photosynth(フォトシンス)」。
2Dの写真を自動的に組み合わせて、まるで3D空間を歩き回っているようにぐるんぐるん操作できる、まったく新しい画像体験です。

一般公開されているPhotosynthのサイトには、すでに世界中からものすごい数の写真が投稿され、公開されています。National Geographicによるイスタンブールのアヤソフィアは、269枚の写真で構成されていて圧巻!私のお気に入りの一つです。

そんなPhotosynthが、今回のアメリカ大統領選挙に関するCNNの報道の新しい試みとして採用されたのをご存知でしょうか。

CNNの呼びかけにより、第44代大統領となるオバマしが宣誓する瞬間の写真が一般視聴者から寄せられ、CNNがPhotosynthでそれらをつなぎ合わせて公開する、という今回の試み。
とくにアメリカ人にとっては感慨深いであろうこの歴史的瞬間を大勢の人と分かち合う、非常に興味深いものとなっています。

CNNのWebサイトはこちら

Windows Live フォト ギャラリーにも「パノラマ写真合成」という人気機能がありますが、パノラマ写真やPhotosynthといった機能は、まったく新しい写真の楽しみ方を提案しています。
ホワイトバランスやシャッタースピードや露出、そして構図といった、いわゆる”写真を上手に撮るコツ"なんて知らなくても、写真を撮った後にこういった機能を使って広い空間を表現したり、さらにそれを共有することで、どんどん写真の楽しさを広げていただけたらな、と思う担当Nなのでした。

 

====================================
Photosynthの詳しい解説はこちら
http://www.microsoft.com/japan/academic/sdl/research1.mspx(Photosynthをわかりやすく解説)
http://www.microsoft.com/japan/powerpro/fun/wow/200808_photosynth.mspx(IT技術者向けの解説)

Photosynth開発者によるデモビデオ(日本語字幕つき)

 

(Windows Live フォト担当N)

コメントする

鉄道ファン × Windows Live

先日ご紹介した 山と渓谷 × Windows Live の山のピクチャー・コンクールに続き、雑誌「鉄道ファン」とのコラボレーション企画「鉄道フォトコンテスト」がスタートしました!

 
本日発売の「鉄道ファン」に掲載されています。

こちらのテーマは「生活の中の鉄道」。
鉄道ファンも、そうでない人も、電車はとても身近な存在。私も毎日の通勤でお世話になっています。
電車に乗っていなくても、もしかして、家のそばを線路が通っている人もいるかもしれないし、駅までのあいだにいつも踏切を渡っている人もいるかも?そんな身近な存在の電車がある風景をパシャっと切り取って応募してください。

みんなが応募した写真は応募サイトでチェックできるので、投稿されたたくさんの写真をチェックしてみるだけでも楽しめます。

優秀作品には人気のデジカメや旅行券など、豪華賞品が贈られます。
鉄道フォトコンテストも山のピクチャーコンクールも、ご応募は専用サイトから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://photocon.jp

(Windows Live フォト担当 N)

コメントする