「新サービス・機能」カテゴリーの投稿アーカイブ

[SkyDrive] 新しい SkyDrive が可能にする、場所を選ばず使える Windows 用パーソナル クラウド ストレージ

日本時間 2012 年 4 月 24 日に提供した新しい SkyDrive に関して、日本語訳を公開いたしました。

新しい SkyDrive が可能にする、場所を選ばず使える Windows 用パーソナル クラウド ストレージ
http://blogs.msdn.com/b/b8_ja/archive/2012/04/26/skydrive-windows.aspx

, , , , ,

コメントする

OneNote やほかのアプリを使ってAndroid 端末を SkyDrive につなげよう

※本記事は Inside Windows Live Blog の抄訳です。

SkyDrive を何十億もの人に使ってもらえるように設計している今 (英語)、 Windows 端末間でファイルが自動的に利用できるのと同時に、多様な端末からもファイルにアクセスできることがとても大事だと考えています。

Windows Phoneを使えば、SkyDrive に保存したファイルが Office (英語) と Pictures (英語) ハブから利用できます。また、SkyDrive は Windows 8 (英語)とシームレスに機能します。さらに、ほかの端末からは SkyDrive.comiPhone 向け SkyDrive アプリ 、また SkyDrive APIs を通じたアプリや端末からもファイルにアクセスできるようになっています。

SkyDrive はデータ保管のほか、OneNote でのノートや Web ページ、オーディオクリップなどの整理、アクセスにも使われています。OneNote Web App や Windows Phone 向け OneNote、iPhone と iPad 向けの OneNote アプリ など、OneNote が新しいプラットフォームや端末に対応していくのに伴い、このように SkyDrive を使う人が増えています。

今日、Office チームは Android 向け OneNote アプリを 57 市場で提供開始し、SkyDrive 上のノートに簡単にアクセスできるようにしたことを、とても喜ばしく思います(2012 年 2 月 27 日、日本語版の提供を開始しました)。このアプリでは、チェックリストや画像キャプチャ、表の編集やハイパーリンクのサポートなど、OneNote の主要な機能に対応しています。尚、 Android 端末は全て同一に作られているわけではないのでご注意ください。Android 向け OneNote アプリを使うには、OS が Android 2.3 以上で Android Market へのアクセスが必要になります。

OneNote for Android では様々な機能を提供します。

Android 端末をお持ちでしたら、SkyDrive API を利用してパートナー様が開発した他のアプリもぜひお試しください。例えば Browser for SkyDrive (英語) や Cloud Explorer for SkyDrive (英語) を使うと、Android 携帯からドキュメントや写真にアクセスしたり、アップロードすることが可能です。Portfolio for SkyDrive (英語) は、Android 携帯で写真を整理したり、バッチで SkyDrive にアップロードすることを可能にします。
あなたのアプリやサイト、デバイスで SkyDrive に対応したい場合は、
developer center をご参照ください。
Portfolio for SkyDrive
Portfolio for SkyDrive

Browser for SkyDrive
Browser for SkyDrive

OneNote や SkyDrive にどこからでもアクセスするのにこれらのアプリが役立てば幸いです。Android 向け OneNote アプリに関する詳細は、OneNote ブログでご確認ください (英語)。

 

関連情報

, , , , , , ,

コメントする

[SkyDrive] クラウドストレージ「SkyDrive」に、スマートフォン用アプリが登場

※本記事は、Inside Windows Live Blog、Introducing SkyDrive for iPhone and Windows Phoneの抄訳です。

SkyDrive は、ユーザーの皆さんのドキュメントやノート、写真やビデオなどを保存するためのパーソナル クラウドです。SkyDrive にファイルをアップロードすると、直ちに世界中のどこからでもWeb ブラウザー経由でファイルにアクセスできるようになります。先日ご紹介したように、直近では SkyDrive.com におけるファイルやフォルダーの管理と共有方法をより簡単にし、HTML5 や CSS3 など最新の Web 技術を活用してファイルをとても速くブラウズできるようにするなどの改善を行いました。

しかし、デバイスの種類や数が急増する中、Web での快適なエクスペリエンスは、複雑なパズルの 1 ピースにしかすぎません。皆さんがスマートフォンにもっと頼るにようになると、あちこち動き回っている時にもファイルにアクセスしたいというニーズが重要になってきます。2 週間前に述べたように (英語)、デバイスからパーソナル クラウド ストレージへアクセスできるか否かは、ある意味「ポーカーのチップ」と同じだと考えています。つまり、皆さんは普段利用しているデバイスからファイルがいかに簡単に持ち運べてアクセスできるかによって、使うクラウド ストレージを選んでいるのです。よって、皆さんが普段使うデバイスでも SkyDrive が利用できるように更に拡大していくのが重要だと私たちは考えています。

Windows Phone 向け SkyDrive

Windows Phone 7.5 (コードネーム “Mango”) のリリースでは、Pictures ハブと Office ハブを通じた携帯電話そのものと SkyDrive の統合に注力しました。例えば、SkyDrive に保存した写真をメールや SMS、メッセンジャーで共有したり、Word、Excel や PowerPoint のファイルを Office アプリで利用したりできます。携帯電話で撮った最新の写真 (カメラロール) を自動的に SkyDrive にするようにもできます。決して表面的ではなく、SkyDrive は携帯電話の主要機能やアプリと直接統合しています。SkyDrive というクラウドサービスがアプリの基本的な機能として存在し、Office や Pictures の「アプリ クラウド」サービスとして SkyDrive を利用している良い例です。「ファイル クラウド」「デバイス クラウド」「アプリ型クラウド」に関する更に詳しい情報は、SkyDrive – designing personal cloud storage for billions of people (英語) をご覧ください。
これほど SkyDrive と Windows Phone が統合しても、まだまだ足りません。SkyDrive のヘビーユーザーに聞くと、Windows Phone でも SkyDrive のすべての機能が使いたいと仰います。たとえば SkyDrive 上のすべてのファイルをブラウズしたいとか、フォルダーやファイルのリンクを共有したり、ファイルの削除、フォルダーの作成などもそうでした。ファイルが多くなれば自然と整理もするでしょうから、いつもの SkyDrive が携帯電話でもそのまま表現されているべきだと考えています。たくさんのファイルを整理するにはフォルダーを使うのが自然かつ有効な方法ですし、携帯電話でも同じようにブラウズできることは、SkyDrive のヘビーユーザーにとって大切なことです。
ヘビーユーザーの皆さんは、「SkyDrive にファイルをおくと決めたんだから、そこでできることを制限しないでほしい」と言います。SkyDrive 上の写真を見るには Pictures ハブがベストで、SkyDrive 上の文書を表示したり編集するには Office のアプリがベストであることに変わりはありませんが、この方々のように、さらに踏み込みたい人もいるのも事実です。
今日から、SkyDrive でもっと色々なことができるように、Windows Phone 7.5 で使える SkyDrive アプリを提供開始します。Windows Phone を提供しているすべての国でご利用いただけます。

文書や写真はもちろん、他のファイルも – SkyDrive のすべてがブラウズできる。

ファイル共有や管理をする SkyDrive のヘビーユーザーにとって、すべてのフォルダーとファイル (様々な形式の) が見られるのは重要なことです。

Windows Phone 向け SkyDrive アプリのファイル一覧です。様々な種類のファイルが保存できます(詳細表示)

SkyDrive のフォルダーやファイルを共有する

ファイルやフォルダーを選択し、一人だけでなく共有したい人の数だけ共有することができます。これは SkyDrive.com の「リンクを取得する」と同じメカニズムで、「表示のみ」か「表示と編集」の権利を相手に付与できます。

Windows Phone 向け SkyDrive アプリでアップロードした写真のリンクを友だちに共有することができます。アクセス権を設定します。

SkyDrive を管理する

SkyDrive のアプリを使えば、フォルダーとファイルの管理が思い通りにできます。新しいプロジェクトやフォトアルバムのために新しいフォルダーを作ったり、要らなくなった古いファイルやフォルダーは削除しましょう。

Windows Phone 向け SkyDrive アプリではフォルダーの作成もできます。フォルダー名を決めます。Windows Phone 向け SkyDrive アプリではファイルやフォルダーの削除も可能です。

Windows Phone 向けの SkyDrive アプリを解説したビデオをぜひご覧ください。

 

iPhone 向け SkyDrive アプリ

写真共有や Office 文書へのアクセスに SkyDrive を利用している方全員が、Windows Phone を使っているわけではありません (今はまだ、です スマイル)。iPhone のサポートという意味では、これまでに Hotmail を対応させたり、 Bing、メッセンジャー、OneNote (SkyDrive に同期します) や Skype のアプリ (12月9日現在、日本語版の提供はありません) などを提供してきた長い歴史があります。
さらに一般的には、皆さんのパーソナルなコンテンツにはどんなデバイスからでもアクセスできるようにするべきだと私たちは考えています。だから web とモバイル両方の
http://skydrive.com において、 HTML5 に投資しているのです
iPhone では次の一歩を踏み出し、32 言語において
iPhone 向け SkyDrive アプリを提供開始いたします。既に提供している OneNote アプリに加え、iPhone のユーザーは SkyDrive のすべてのファイルにアクセスし、フォルダーの作成、ファイルの削除、フォルダーやファイルへのリンクをメールアプリから共有できるようになります。

iPhoneアプリ_07_リンクの送信_メールiPhoneアプリ_02_ファイル一覧_2iPhoneアプリ_07_リンクの送信iPhoneアプリ_フォルダーの削除_スワイプ_2

iPhone 向け SkyDrive アプリ の機能を解説したビデオをご覧ください。基本的な機能は同じですが、iPhone 向けに最適化されているのがお分かりになると思います。

今日 Windows Phone と iPhone 向けの SkyDrive アプリがリリースできることをとてもうれしく思います。SkyDrive.com が年月をかけて、ファイルへのアクセスそして共有するのに最速かつベストなクラウドサービスへと進化したように、様々なデバイスにおける SkyDrive もこれから進化していきます。今後も皆さんにベストな「ファイル クラウド」「デバイス クラウド」「アプリ クラウド」を提供したいと考えています。(英語) また、Live Connect プラットフォームを通じて SkyDrive を更に多くのアプリや web サイト、デバイスなどで提供できるようになるのを楽しみにしています。これからぜひご期待ください。

以下のリンクは、それぞれのアプリがダウンロードできる Windows Phone の Marketplace、iTunes App Store のリンクです。現在まさに展開中ですので、すべての国で提供できるには数時間かかるかもしれませんので、ご了承ください。皆さんの国でまだご利用いただけない場合は、数時間後にまたお試し下さい。

Windows Phone 向け SkyDrive アプリをゲットする

iPhone 向け SkyDrive アプリをゲットする

Mike Torres
Group Program Manager, SkyDrive Devices and Roaming

 

参考リンク

, ,

コメントする

[Hotmail] 機能強化しました:「グレーなメール」対策

 

*本記事は、Inside Windows Live Blog の記事の抄訳です。

SmartScreen™ の導入で、Hotmail の受信トレイに入る迷惑メールを 3% 未満に減らすことに成功したと以前の記事で紹介しましたが、どうやらそれだけでは不十分だということがわかりました。なぜなら、お客様が「迷惑メール」と判断しているメールの 75% が、実は迷惑メールではなくて「昔、購読したメールマガジン」や「ダイレクトメール」、「サービス通知」だったからです。私たちはこのようなメールのことを「グレーなメール」と呼んでいます。

今回の Hotmail の機能強化では、「グレーなメール」の処理に役立つ 5 つのツールを提供開始します。

受信トレイには何が入っている?

電子メールが使われ始めたとき、ほとんどのメールは知人からのものでした。今はメールが普及し、色々な使われ方をしているため、受信トレイの状況が当時と異なります。典型的な受信トレイの中身は、半分以上がメールマガジンやダイレクトメールで、17% が SNS の通知、そして 14% が人とのコミュニケーションに使うメールです。残りはメーリングリストや EC の通知、純粋な迷惑メールで構成されます。

受信トレイには何が入っている?

「グレーなメール」って?

今の受信トレイは、不要なメールでいっぱいです。私たちはこれを「グレーなメール」と呼んでいます。それはいつか購読したメールマガジンものかもしれないし(購読したことを忘れただけ)、新しいサービスに加入したときに登録した通知メールかもしれません(「今後、メールを受信する」のチェックを外すのを忘れた)。「グレーなメール」の特徴は、ある人にとっては「迷惑メール」なのに、ある人にとっては「とても重要なメール」である可能性があって、はっきりと白黒つけられないのです。よって、「グレーなメール」と呼んでいます。

Hotmail 内の純粋な迷惑メールを減らしたものの、ほとんどのお客様の受信トレイが、今もメールマガジンや販促メールなどのメールで埋もれていることがわかりました。実際、お客様が「迷惑メール」と判断しているメールの 75% が、実は迷惑メールではなくて「昔、購読したメールマガジン」や「サービス通知」などの「グレーなメール」です。「グレーなメール」があると、本当に大切なメールを見逃したりすることもあるでしょう。今回の Hotmail の機能強化では、「グレーなメール」の処理に役立つ 5 つのツールを提供開始します。

「ニュースレター」のカテゴリー

昨年の機能強化では、ソーシャルネットワークからの通知や Office 文書、写真が添付されているメールなどをフィルターできるようになりました。今回、新しく「ニュースレター」のカテゴリーを設置します。ここでも SmartScreen™ の技術を利用し、学習していきます。まず、95% の正しい確立で、「ニュースレター (メールマガジン)」を「ニュースレター」カテゴリーに分類します。ここから先はお客様がメールを「ニュースレター」にカテゴリー化(あるいはカテゴリー解除)させることによって Hotmail がどんどん学習し、精度が向上していくのです。お客様が「ニュースレター」カテゴリーを適用させるたびに、ご自身と他のお客様のために活動していることになるのです。

ワンクリックで受信取り消し

ニュースレターを購読停止したくても、どうやったら停止できるのかわからないことも多々あります。新しい Hotmail では、1 ステップで購読を停止できるようになりました。[受信登録の取り消し] をクリックしていただければ、私たちが残りの作業をやります。私たちが代わりにそのサイトに購読停止を通知し、「一括処理」でその差出人からのメールをすべて削除し、さらには取り消しが完了するまでに届くメールを「迷惑メール」に振り分けます。

ワンクリックで受信取り消し

「クリーンアップ」をスケジュール設定

ニュースレターは購読したいけれど、最新の 1 通だけ残して後は削除したい、という方も多いでしょう。ネット ショッピングや販促メールなど、常に新しいセールが行われていて、最新のメール以外は古くて意味がない、というとき。そんなときに、今回導入する、「クリーンアップ」のスケジュール化がとても便利です。

  • その差出人からの最新のメールだけを残す
  • 受信から一定期間を経過したメールを削除する (3 日、10 日、30 日、60 日から選べます)
  • 受信から一定期間を経過したメールを選択したフォルダーに移動する (3 日、10 日、30 日、60 日から選べます)

たとえばこのようなときに使えます。

  • いつも使うサイトの最新のイベント通知だけを残す
  • Groupon や Living Social からの最新のメールだけを残す
  • 10 日経過したら必ずメールを削除する。これで受信トレイがすっきりするでしょう
  • 銀行の明細などのメールを、30 日経過したら特定のフォルダーに移動してアーカイブする

    「クリーンアップ」をスケジュール設定

大事なメールに「フラグ」をつける

「グレーなメール」との戦いは、削除や移動だけでは解決しません。お客様にとって本当に大切なメールがすぐに見つけられることが大事なのです。大事なメールを受信したとき、忘れないようにメールを「未読」にするお客様も多いのですが、その後たくさんの未読メールを受信してわかりづらくなったりします。あるいは、「転送」して受信トレイの一番上にもってきたりする方もいらっしゃるでしょう。

Hotmail は、フラグでこれを解決するのが良いと考えています。今回の「フラグ」機能の強化では、メールにフラグを付けたとき、それらのメールを受信トレイの最上部に表示します。新しいメールを受信しても、です。大事なメールを管理するのに便利でしょう。それだけでなく、特定の差出人から受信したメールには必ずフラグを付ける設定もできるようになります。

大事なメールに「フラグ」をつける

フラグはカテゴリなので、「クリーンアップのスケジュール設定」や「一括処理」も実行できます。

カテゴリーのカスタマイズ

便利な「カテゴリー」を標準で提供していますが、お客様がご自身でカテゴリーを作ったり、Gmail のラベルのような機能を使いたいというケースもあるでしょう。これからお客様は、カテゴリーをカスタマイズできるようになります。(「クリーンアップのスケジュール化」と「一括処理」機能によって実現されます)
新しいカテゴリーを作って、同様のメールに同じカテゴリーがすぐに適用できます。過去のメールを探したり、新しい振り分けルールを作る必要はありません。カテゴリーはフォルダー一覧の下の「クイック分類」に表示され、メールを探すときにとても便利です。

カテゴリーのカスタマイズ

フォルダーの管理

メールの整理にフォルダーを使うのが好きな人は、これらの機能がどう活用できるか考えていることでしょう。カテゴリー、一括処理、クリーンアップのスケジュール設定はフォルダーにも適用できます。メールをクリックし、[一括処理] か [クリーンアップのスケジュール設定] をクリックすると、その差出人からのメールをフォルダーに移動し、今後のメールにも適用させることができます。もちろん、ご自身で好きなフォルダーやサブフォルダーを作ることもできますが、それだけではありません。ドラッグアンドドロップでサブフォルダーを作ったり、インラインで新規フォルダ―を作成したり。右クリックでフォルダーの名前の変更やフォルダー内のメールをすべて未読にする、空にする、削除することもできるようになります。

まだまだ始まったばかり

「グレーなメール」対策に有効活用できる機能がたくさんですね。でも、まだまだ始まったばかりです。今後、もっと多くの機能を提供開始する予定です。お客様の Hotmail で使えるようになったら、ぜひお試しになってフィードバックをくださいね。

Dick Craddock, Group Program Manager, Hotmail

*これらの機能は、数週間かけてすべてのお客様に提供予定です。楽しみにお待ちください。

1件のコメント

[Hotmail, SkyDrive] ついに日本でも発表! Windows Phone 7 と Hotmail、SkyDrive でクラウドを使いこなす

*本記事は、Inside Windows Live Blog の記事の抄訳です。

マイクロソフトでは、お客様がデバイスやプラットフォームを問わずにデータにアクセスできるようなクラウド サービスの提供に取り組んでいます。たとえば、Hotmail はデバイス間でのメール、カレンダー、アドレス帳の同期が可能ですし (日本語で詳しく)、SkyDrive では世界のどこにいても、25GB 分のドキュメント、写真、動画へのアクセスを可能にします。これらのサービスは、Windows PC、モバイル、Web を通じて既に無料で提供中です。

Hotmail でメール、カレンダー、アドレス帳を持ち歩く

すぐれた E メール サービスは、どんなデバイスからでもメールにアクセスでき、また、いつも使うアプリケーションと統合されていることが重要です。Hotmail ではメール、カレンダーとアドレス帳が Windows Phone、Android、ブラックベリー、iPhone、iPad などのスマートフォンはもちろん、Microsoft Outlook や Windows Live メールなどのメールソフトとも同期できます。以前こちらで紹介した通り、Hotmail では他の Web メールや ISP メールのアカウントも統合できるので、今 Hotmail をご利用でない方も上述のとおり、ご利用のメールを様々なデバイスで使えるようになります。Hotmail の容量は無制限で、クラウド上にメール、カレンダーとアドレス帳のデータを保存するため、新しい携帯電話や PC を購入したときも、アカウント名とパスワードを入れるだけで設定が完了できます。

SkyDrive で撮った写真や動画を保存、共有する

SkyDrive は、Web ブラウザーやWindows Live フォト ギャラリーを通じて写真を保存、共有できるクラウドサービスです。もちろん、携帯電話でたくさんの写真を撮って保存しているお客さまも非常に多いので、昨年リリースした Windows Phone 7 (日本では 2011 年9月上旬以降に販売開始予定) では、モバイル上で SkyDrive を快適に利用できる設計にしました。Windows Phone 7 で写真を撮った後、ワンクリックで SkyDrive にアップロードすることができます。また、撮影した写真を自動的に SkyDrive にアップロードする設定もできますので、Web 上でいつでもどこでも写真にアクセスすることが可能になります。SkyDrive の写真は Windows Phone 7 の「ピクチャ」ハブに自動的に取り込まれます。SkyDrive は 25GB の大容量ですので、たくさんの思い出を保存するスペースがあります。

クラウド サービスとデバイスを連携させるとよりたくさんのことができるようになります。実際、Windows Phone をご利用のお客様は、通常の SkyDrive のお客様に比べて 10 倍もの写真を SkyDrive へアップロードしているということがわかっています (月間約 120 枚)。 

実際、Windows Phone をご利用のお客様は、通常の SkyDrive のお客様に比べて 10 倍もの写真を SkyDrive へアップロードしているということがわかっています (月間約 120 枚)。 

SkyDrive と Office で、Web、モバイル、PC や Mac でも

現在、SkyDrive を通じて 2.5 億個以上のドキュメントが共有されており、Web でのドキュメント保存、閲覧、編集、共有する人気サービスの 1 つです。ここでも、お客様が普段使うアプリやデバイスと連携させました。ドキュメントは Web ブラウザーからはもちろん、PC の Office 2010 や Office for Mac 2011 から SkyDrive に直接、保存できます。保存した後は、Office Web Apps (日本語で詳しく) とシームレスに連携することによって、Web ブラウザー上でドキュメントにアクセス、編集、共有できますし、そこからドキュメントを Office のアプリケーションで開くことも可能です。また、SkyDrive を利用することによって、OneNote (日本語で詳しく) がPC、モバイル (Windows Phone 向け OneNote(英語版)、iPhone 向け OneNote(英語版))、Web ブラウザー (One Note Web App –Office Web Appsに含まれますー日本語で詳しく) のどれからも利用できます。

この秋、Windows Phone “Mango” でもっと

この秋にリリースする Windows Phone の最新版、コードネーム ”Mango” では、

  • SkyDrive に保存した写真をメール、SMS、メッセンジャーで共有する
    SkyDrive は、クラウド上にたくさんの写真を保存することを可能にします。Windows Phone “Mango” では、SkyDrive に保存した写真を簡単にメールやSMS、メッセンジャー、Facebook で共有できます。

    SkyDrive に保存した写真をメール、SMS、メッセンジャーで共有する
  • SkyDrive で動画を共有する
    Windows Phone “Mango” では、写真だけでなく動画の共有も簡単です。動画の撮影後、キャプションを入れて SkyDrive にすぐにアップロードできます。アップロード中も他の作業が続けられます。

    SkyDrive で動画を共有する
  • SkyDrive に保存したドキュメントを見る
    Windows Phone では、SkyDrive に保存したフォルダーとファイルが直接、参照できます。SkyDrive と同じフォルダー構造になっているので、とても使いやすいです。

    SkyDrive に保存したドキュメントを見る
  • あなたと共有されているファイルがわかる
    SkyDrive では 70% 以上のフォルダーが誰かしらと共有されているため、どのファイルがあなたと共有されているのかすぐにわかることも重要です上図のPublic ビューでは、どのドキュメントがあなたと共有されているのかわかりますし、そこから Excel、Word、PowerPoint でドキュメントを直接開くことも可能です。

    あなたと共有されているファイルがわかる
  • SkyDrive 上のドキュメントを検索する
    たくさんのドキュメントを SkyDrive に保存している場合、検索機能はとても重要です。Office ハブでは、フォルダーを行き来することなく、ファイルを簡単に検索できます。

    SkyDrive 上のドキュメントを検索する

ぜひ、動画でプレビューをご覧ください (英語)。

クラウドがより便利になる Hotmail と SkyDrive をぜひお試しください。そしてこの秋にリリース予定の Windows Phone も楽しみにしていてください。

Mike Torres
Group Program Manager, SkyDrive Devices and Roaming

, , , ,

コメントする

Outlook や Hotmail に追加できる東京電力計画停電カレンダー(更新:マイクロソフト)を提供開始しました

3 月 11 日 (金) に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

 

関東では連日、定期停電が行われています。
皆様の Outlook や Hotmail、Windows Live メールの予定表に、簡単に定期停電のスケジュールを追加できるカレンダーを提供開始いたしましたので、ご活用ください。(現在、東京電力版)

ぜひご自身がお住まいのグループのカレンダーを追加し、ご活用ください。

>> 詳細は MSN の情報サイトへ

  • 概要
    東京電力の計画停電カレンダーを、Microsoft Outlook の予定表 および Windows Live Hotmail カレンダーや Windows Live メールに取り込むことができます。一度カレンダーを取り込めば、マイクロソフトのサーバーで計画停電カレンダーが更新されると、取り込んだカレンダーも自動的に更新されます。

  • 対応製品およびサービス
    Microsoft Outlook 2010、Microsoft Outlook 2007、Windows Live Hotmail カレンダー、Windows Live メール 2011、Windows Live メール 2009

  • 設定方法
    MSN の情報サイト (
    http://feature.jp.msn.com/eastjapan_quake/index.htm#powercut_cal) から追加できます。また、使い方ガイドを Office Web Apps および PDF でご覧いただけます。

  • その他
    • 本カレンダーは、東京電力公式サイト(http://www.tepco.co.jp/index-j.html) の計画停電カレンダーを元に作成した、Outlook 2007、Outlook 2010、Hotmailカレンダー、Windows Live メール 2009 および Windows Live メール 2011 用のカレンダーです。東京電力公式サイトに変更があった場合、最新のデータに更新されるまで若干時間がかかります。
    • カレンダーは随時更新する予定ですが、最新データは東京電力公式サイトをご確認ください。

それでは、皆様もお気をつけてお過ごしください。

Windows Live チーム

コメントする

動画作成アプリケーション「Windows Live ムービーメーカー」正式版を提供開始

(2010 年 10 月現在、最新版の Windows Live ムービー メーカー 2011 を提供しています。最新版については、こちらをご確認ください。ムービー メーカーに関する詳細情報はこちら)

本日、8月20日(木)から、「Windows Live ムービーメーカー」の無償提供を開始します。

Windows Live ムービーメーカーとは

写真や動画を手軽に編集して、オリジナル動画を楽しめる、動画作成アプリケーションです。もちろん、無償です。

  1. プロ顔負けのオリジナル動画が、簡単に!
    • オートムービー機能
      ムービーメーカーに写真や動画、BGM 音楽を追加し、[オートムービー] をクリックするだけ。
      オススメの効果を自動的に適用し、数分でオリジナル動画の完成です。
      もちろん、その後の細かな調整も簡単です。
    • 入力ファイル形式の拡張
      QuickTime や携帯電話の主流映像形式に対応しているので、変換等の心配も要りません。
  2. 編集機能の向上で、カスタマイズも思うがまま
    • 60 種類以上の切り替え効果やトリム等の編集で、細かな編集作業もイメージ通りに。
      マウスでホバーするだけで効果のプレビューが出来るのも、嬉しいですね。
  3. 簡単アップロード・共有
    • YouTube への投稿もラクラク。
      メインメニューから数クリックで、YouTube への投稿が可能。
      また、プラグインの追加により、Facebook 等への投稿にも対応。
    • テレビでの視聴にも最適
      動画を DVD に書きこんだり、HD ビデオにも対応していますので、テレビでの視聴も快適に。
  4. Windows 7 に最適化
    • ジャンプリストへの対応 等、Windows Live おすすめパックのアプリケーションの中でいち早く、
      Windows 7 に最適化されています。Windows 7 と Windows Live ムービーメーカーをあわせて使うと、美しいスライドショーやショートムービーが、とても簡単に作れます。

Windows Live ムービーメーカーで作成した動画サンプル(英語)

関連リンク

Windows Live おすすめパックに Windows Live ムービーメーカーが加わったことにより、
ユーザーの皆様は、ご家族やお友達とのコミュニケーション・共有方法の幅を広げて頂けると思います。

秋のブライダルシーズンや、冬の忘年会、送別会にむけて。
Windows Live ムービーメーカーで、手早く簡単に、ムービーを作ってみませんか。

, ,

7件のコメント